税務戦略

2022年3月期

以下は、ヒンドゥージャ・オートモーティブ・リミテッド、スイッチ・モビリティ・リミテッド、ヒンドゥージャ・テック・リミテッドとその英国子会社に対する英国の税務戦略を示し、総称して「ヒンドゥージャ英国グループ」としています。

ヒンドゥージャ・オートモーティブ・リミテッドは持株会社であり、商用車、エンジン、関連部品を製造するアショク・レイランド・リミテッドの過半数の株主です。

スイッチモビリティリミテッドは、世界市場において低炭素排出のシングルデッキとダブルデッキバスの諸モデルを設計、製造し、販売しています。

ヒンドゥージャテックは、インド、ヨーロッパ、米国、日本の大手自動車OEMと協力して、自動車および工業デザイン、製品エンジニアリング、ツーリング、コスト削減プログラムの専門知識を共有する、統合製品エンジニアリング&デジタルテクノロジーソリューションのリーディンググローバルプロバイダーです。

ヒンドゥージャUKグループは、2022年3月31日期会計年度に関して2016年財務法第19条の第16項(2)に基づく税務戦略の義務を満たすものとみなしています。

1. コンプライアンスへの取り組み

ヒンドゥージャUKグループは、英国の税リスクをおかさず、英国の税法と慣行に準拠することに専念しています。これは、適切な場所とタイミングで適切な金額の税金を支払うことを意味します。これは、税務当局にすべての関連する事実と状況を開示し、利用可能な場合は救済とインセンティブを請求することを含みます。

外部アドバイザーは、英国の確定申告の準備を含む法人税コンプライアンスサービスの提供に従事しています。

2. 税務に責任を負う

ヒンドゥージャUKグループは、商業目的ではない税務スキームや取り決めに積極的にも人為的にも従事しておらず、脱税を奨励する活動や行動容認せず、政府および規制当局への納税のための適正な源泉徴収を実施します。

ヒンドゥージャUKグループは、関連する税法を遵守し、関連する税務当局とのコミュニケーションを通じて不確実性や紛争のリスクを最小限に抑えることを目指しています。

3. 効果的なリスクマネジメント

ヒンドゥージャUKグループの税務リスク管理に対するアプローチは、税務リスクが積極的に特定され、測定され、 管理され、報告されることを保証することです。税務リスクに関連する重大な不確実性や複雑さが特定された場合、外部のアドバイスを求めます。必要に応じて、リスクは考慮のためにCFOと理事会にエスカレートされます。

4. HMRCとの関わり方への建設的なアプローチ

ヒンドゥージャUKグループは、HMRCとオープンかつ透明に取り組み、相互尊重と誠実さに基づく関係を構築しています。HMRCが提起した問い合わせに明確かつ迅速に対応し、該当する場合は企業情報の適切な開示を提供します。グループとして、関連するすべてのコンプライアンス義務を遵守し、協調的なコンプライアンスの精神を遵守することを目指しています。

5. ガバナンス

リスク管理に対する全体的な説明責任は、取締役会の各分科会に存在します。これらの取締役会は、税金の管理に関する日々の業務に対する責任を、それぞれのCFOおよび財務部門に委任します。財務部門は英国の税務コンプライアンスを担当し、必要に応じて外部税務顧問に相談し、専門家の税務アドバイスを求めます。